アパレル造形デザイン学科3年制
about course

豊かなデザイン力や企画力などをトータルに学び、クリエーターを育成します。

服づくりにおいてパターンの技術は大変重要です。学生のニーズに合わせ、企業でもフリーランスでも活躍できるように、デザインだけではなくパターン教育にも力を入れています。しっかりとカタチにできるクリエーターを育成します。

3年間を通して、デザイン、パターン(平面製図・立体裁断)、縫製に特化して学んでいくのが特徴です。作品や商品をイベントでの販売や、ファッションショーでの使用を目的に製作します。クリエーターにとっては他人に見てもらうことも大切です。色んなことにどんどんチャレンジできる機会が沢山あります。

COURSES / コース

アパレル造形デザイン科には2つのコースがあります。3年次に自分に適したコースを選択し、必要なスキルを学びます。

デザイナーコース

企業デザイナー、また、フリーランスデザイナーを育成することを目的としたコースです。クリエイティビティあふれるデザイン力と創造力を養うために芸術面にも触れ美しいシルエットやバランスも考察でき、更に時代にあったオリジナリティに富んだ作品を生み出す人財を育成します。

パタンナーコース

パタンナー・企画職を目指したコースです。ファッション造形の理論と技術を総合的に学びモノ作りの基礎から応用までを身につけ、高度な商品知識を持った人財を育成します。

Curriculum

コンセプトメーキング

服づくりにおける最初の作業がデザイン画を描くことです。アニメや漫画とは違うファッションイラストレーション独特のプロポーションの取り方やポージングから素材表現までを基本的に学び、コンテストやポートフォリオの制作でも通用する表現の方法をデザイン画を通じて身につけます。

パターンメーキング

工業用ボディーを使った既製服生産に用いられる製図方法です。生産性の高いパターンメーキングテクニックの基本をドラフティング(平面製図)やドレーピング(立体裁断)などの技法で学びます。

オリジナルクリエーション

ベーシッククリエーションで様々なアイテム製作を学び、オリジナルクリエーションではそれを応用させて、自分が作りたい作品を製作します。また、他人を感動させる服づくりは沢山の時間をかけたリサーチが重要。この演習を通して、自分はどんな服を作りたいのかについても学びます。

アパレルCAD

基本的な平面製図を学び手書きのパターンメーキングを理解した上で学ぶのがCADの授業です。製図をパソコンに入力、データ化し展開・縫い代付け・マーキングそしてグレーディングなどの機能やオペレーションテクニックと理論を実習を通して学んでいきます。CADを使いこなすことができれば必然的に就職活動に大きなプラスとなります。

Get more Information.