コース

あなたの好きという武器は、知識や技術で磨きをかける必要がある。

本校にはファッション業界で活躍する人財を育成するための3つの学科と1つの専攻科があります。 各々の分野で、あなたの"好き"という武器を磨き上げてください。

COURSES / コース

アパレル造形デザイン科には2つのコースがあります。3年次に自分に適したコースを選択し、必要なスキルを学びます。

アパレル造形デザイン科[3年制]

3年次に「デザイナーコース」または「パタンナーコース」を選択。デザイナーコースでは、発想力・創造力・表現力を発揮し、オリジナリティに溢れる作品を生み出せるクリエーターの育成、また、パタンナーコースではデザイナーやクライアント(依頼元)の多様な要望をカタチにするパタンナーの育成を目指します。
【1年次】スカート、シャツ、パンツ、ワンピースの基礎的な製図方法と工業用パターンの作成、縫製までを習得する。また、アパレル流通史や服装文化史を時系列で理解する。
【2年次】ジャケット、コートの基礎的な製図方法と工業用パターンの作成、縫製までを習得する。また、平面製図と立体裁断の2つのアプローチ法で、オリジナルデザインのアイテム製作を行う。パターンメーキング技術検定2級※1を取得する。
【3年次】素材特性を最大限に活かすことを前提に、これまで習得した技術を応用してオリジナルアイテムやオートクチュールドレスの製作を行う。そうした製作活動をデザイナーコースはより独創性に、パタンナーコースはより構築性に重点を置いて行う。

アパレル造形デザイン科[2年制]

多様な素材に対応出来る縫製技術と知識が身に付いており、一点物から量産品まで幅広いモノづくりに対応出来る人財の育成を目指します。
【1年次】 スカート、シャツ、パンツ、ワンピースの基礎的な製図方法と工業用パターンの作成、縫製までを習得する。また、アパレル流通史や服飾文化史を時系列で理解する。
【2年次】様々な生地の縫製技術、刺繍などの様々な手仕事に関する技術を習得する。

ファッションビジネス科[2年制]

2年次に「ショップマネジメントコース」または「ショップスタイリストコース」を選択します。ショップマネジメントコースは独自のファッション感覚を理論で裏付け出来る、リアル/ バーチャルを含むショップオーナーやバイヤーなどの経営職/ 総合職の育成を目指します。また、ショップスタイリストコースではショップに来店されるお客様やクライアントが求めるスタイルを感覚的、且つ理論的につくり上げることが出来る表現者/ イメージメーカーの育成を目指します。
【1年次】あらゆるキャリアの原点である販売員から第一のキャリアアップステージである店長になるために必要な接客技術、商品知識、素材知識、計数知識を習得する。また、パソコンを使った資料作成・画像編集のほかマーケティング、企業戦略、経済・金融等の基礎知識を習得する。加えて、アパレル流通史や服装文化史を時系列で理解する。ファッション色彩能力検定3級※4、ファッション販売能力検定2級※5を取得する。
【2年次:ショップマネジメントコース】ショップ開業に必要な経営計画書作成スキルとマネジメント能力・リーダーシップを、外部物販イベントの計画・運営・管理を通して習得する。また、ロジカルシンキング、ビジネスコミュニケーションスキルを活用し、接客技術を更に磨いていく。リテールマーケティング検定3級※3を取得する。
【2年次:ショップスタイリストコース】スタイリストや販売員に必要な、頭の先から爪先までのトータルコーディネートスキルを講義や演習、クライアントワークスを通して習得する。この他、カメラスキル、パソコンによる編集スキル、SNS等による情報発信スキルを習得する。また、ロジカルシンキング、ビジネスコミュニケーションスキルを活用し、接客技術を更に磨いていく。トータルコーディネーター認定およびファッションディレクター認定※2を取得する。

ファッションクリエーティブ専攻[1年制]

自身の作品や、クライアントの商品をより輝かせるためのイメージメイキングスキルやグラフィックスキルを持つクリエーターの育成を目指します。
演習や実際のクライアントワークを通して、イメージメイキングを実践的に行う過程の中で、そのニーズを満たすアートディレクションスキルやグラフィック処理技術等を習得する。

Get more Information.