アパレル造形デザイン学科3年制
about course

パタンナーやデザイナーに必要不可欠となる豊かなデザイン力や企画力などをトータルに学び、ファッション業界で活躍するクリエーターを育成します。

服づくりにおいてパターンの技術は大変重要です。学生のニーズに合わせて、企業でもフリーランスでも活躍できるように、デザインだけでなくパターン教育にも力を入れ、想像をしっかりとカタチにできるクリエーターを育成します。また、クリエイティビティあふれるデザイン力と創造力を養うためにアートにも触れ、美しいシルエットやバランスも考察できるように学んでいきます。3年間を通してデザイン、パターン(平面製図・立体裁断)、縫製に特化して学んでいくのが特徴です。

Curriculum

基本技術を習得し、クリエーターとしてのプロの感性を身につける。

コンセプトメーキング

コンセプトメーキングではものづくりにかける想いをイメージビジュアルと言語にして整理することで自らの軸となる概念を導きだしていきます。趣味嗜好や生い立ち、無意識の言動などを客観視しながら意見を交わすことで、自らの個性とは何かについてとことん向き合います。

パターンメーキング

工業用ボディーを使った既製服生産に用いられる製図方法です。生産性の高いパターンメーキングテクニックの基本をドラフティング(平面製図)やドレーピング(立体裁断)などの技法で学びます。

ベーシック/オリジナルクリエーション

ベーシッククリエーションで様々なアイテム制作を学び、オリジナルクリエーションではそれを応用させて、自分が作りたい作品を制作します。また、他人を感動させる服づくりは沢山の時間をかけたリサーチが重要。この演習を通して、自分はどんな服を作りたいのかについても学びます。

アパレルCAD

基本的な平面製図を学び、手書きのパターンメーキングを理解した上で学ぶのがCADの授業です。製図をパソコンに入力、データ化し展開・縫い代付け・マーキングそしてグレーディングなどの機能や、オペレーションテクニックと理論を実習を通して学んでいきます。CADを使いこなすことができれば必然的に就職活動に大きなプラスとなります。

Get more Information.
資料請求
OPEN CAMPUS