アパレル基礎科2年制
about course

デザインやパターンの基本を学びつつ、特に縫製技術の習得に重点を置いた学科です。

昨今のファッション業界では柔軟にいろんなことに対応できる人財を求めています。2年間を通して基本的なデザイン、パターン、縫製を学ぶのはもちろん、素材とパターンとの相性やより効率的できれいに仕上がる裁断・縫製方法について深く研究しながら、洋服の作り方全般を総合的に学んでいきます。また刺繍や手縫いなどの手工芸も取り入れて、リフォーマーなど広い知識と経験がなければできない仕事にも就けるように勉強していきます。

Curriculum

一点物から量産品まで幅広いモノづくりに対応出来る人財の育成。

デザイン画

服づくりにおける最初の作業がデザイン画を描くことです。服は人が着るものなので、ここで言うデザイン画はアニメや漫画とは少し違います。この演習を通して、自分が作りたいイメージをどんどん膨らませて、描く力だけでなく事前にどのような服になるのかを、様々な人々に正確に伝えるツールとしてのデザイン画を描ける力も身につきます。

アパレル素材論

服づくりの基本となる、人体の構造を学び採寸します。また、人体を包む衣服の基本形である「原型」作成後、基本アイテムの制作をすることで、パターンメーキング、縫製の基礎知識・技術を習得していきます。

ベーシッククリエーション

アパレル業界で必要不可欠な、服づくりのプロになるための基礎知識を学びます。デザイン・パターン・縫製と全てのことに関わってくる素材の知識を増やすために天然繊維・化学繊維など布地の成り立ちから学び、それぞれの特性を知ることでよりよい服づくりができるようにします。

アパレルクリエーション

ベーシッククリエーションを通して基本的なアイテムを作ることができるようになったらそれを更に深く、そして実践的に使える技術・資料を増やしていきます。コストの面も考えたマーケティングの考え方、現場でも活用できるようなファイルの作成などをしていきます。

Get more Information.
資料請求
OPEN CAMPUS