本文へジャンプ

KANABUN and ME

KANABUN and ME interview#006
KANABUN and ME interview#006KANABUN and ME interview#006

interview #006  在校生に質問!カナブンについて教えて下さい。

デザイナーになりたい

data 名前:西村幸子
学科:ビジネス専攻科
出身校:金沢辰巳丘高校
1ヶ月の洋服代:1万円
将来の夢:デザイナー

カナブンに入学した理由は?

服をデザインする際に、パターンや縫製の仕様も理解することで、パタンナーと一緒に絵型通りに衣装を完成させたいと思って、アパレル造形デザイン科に入学しました。

カナブンでの思い出は何ですか?

BFR2014(文化ファッションルネッサンス)で、自分が制作した衣装を着てくれるモデルのヘアメイクを考えながら縫製するのが、とても楽しかったです。

カナブンで学んだことは何ですか?

自分の中で足りないと感じた専門知識を補ってくれる方々にお会いし、お話しする機会をたくさん作って下さるので、人間関係の大切さを学びました。

一番好きな授業は何ですか?その理由は?

実践パターン
普段パタンナーの仕事をされているベテランの方から教わることができるのが魅力です。現場の言葉を聞けるのでとてもためになります。

KANABUN and ME interview#006KANABUN and ME interview#006

就活で役に立つ学んだこと

BFR2013(文化ファッションルネサンス)では、チームで架空のブランドを立ち上げ、経営から製造まで全ての工程に携わることができたので、ブランドを立ち上げる流れが身に付きました。
何より、チーム内での上下関係がしっかりしていたので、これを活かして就職しても人間関係をうまく築けそうです。

高校生へ一言!

学校にはプロの知識を持つ先生や、実際に現場で使用される機材がたくさんあるので、鮮明な目標を持ち、それを叶えるために有効に学生生活を過ごして下さい。

(2013.12 掲載)

ページの先頭へ戻る