本文へジャンプ

APPAREL BASIC CREATION

アパレル基礎科(2年制)


デザインやパターンの基本を学びつつ、
縫製技術の習得に特に重点を置いた学科です。

line

コース

アパレル基礎科

1年次で学んだデザインとパターンの知識・技術をベースに、洋服の作り方全般を総合的に学んでいきます。色んな生地に触れ、その布地ならではのパターンの作り方や縫製を研究します。ミシンだけでは補えない商品にも対応するために刺繍や手縫などの手工芸も取り入れて、リフォーマーなど広い知識と経験が無ければできない仕事にも就けるように勉強していきます。

line

カリキュラム

1年次

  • 1年次では平面製図によるパターン製作、人体に合わせた補正や素材別の縫製など服飾造形を中心に、立体構成の基本原理とデザイン表現の基本技法をマスターしながら、ファッションクリエーターとして必要な専門知識とプロとしての感性・感覚を養います。

カリキュラム
ベーシッククリエーション / 西洋服装史 / ファッション通信 / 民族衣装 / パターンメーキング理論・実習 / ファッション史 / アパレル素材論 / デザインPC / ファッションコミュニケーション / ブランド企画

2・3年次

  • 2年次では平面によるパターン製作や裁断理論の向上をはかりながら商品化・実践的な仕事と同じ要領で作業をこなしていきます。完成品に至るまでを創造力をはたらかせてイメージし、それに最もふさわしいパターンや縫製の方法を導き出していく力をつけます。

カリキュラム
デザイン画 / 部分縫い / 卒業・進級制作 / アパレル商品論 / トレンド情報 / アパレルクリエーション / セールスワーク / パターンメーキング検定3級取得講座

line

時間割例(各90分授業)

Pick up Curriculum


デザイン画

服づくりにおける最初の作業がデザイン画を描くことです。服は人が着るものなので、ここで言うデザイン画はアニメや漫画とは少し違います。この演習を通して、自分が作りたいイメージをどんどん膨らませて描く力だけでなく、事前にどのような服になるのかを、様々な人々に正確に伝えるツールとしてのデザイン画を描ける力も身につきます。

アパレル素材論

アパレル業界で必要不可欠な、服作りのプロになるための基礎知識を学びます。デザイン・パターン・縫製、と全てのことに関わってくる素材の知識を増やすために天然繊維・化学繊維など布地の成り立ちから学び、それぞれの特性を知ることでよりよい服づくりができるようにします。

ベーシッククリエーション

服づくりの基本となる、人体の構造を学び採寸します。また、人体を包む衣服の基本形である「原型」作成後、基本アイテムの制作をすることで、パターンメーキング、縫製の基礎知識・技術を習得していきます。

アパレルクリエーション

ベーシッククリエーションを通して基本的なアイテムを作ることが出来るようになったらそれを更に深く、そして実践的に使える技術・資料を増やしていきます。コストの面も考えたマーキングの考え方、現場でも活用できるようなファイルの作成などをしていきます。

目指す職種

ファッションデザイナー

  • 色やイメージ、素材の選択などの専門知識・技術を持ち、それらをトータル的に表現する技術者。時代を読み取り、服作りに関するプロセス全てに関わりながら仕事をするプロフェッショナル。

パタンナー

  • 洋服を制作するのに必要なパターン(型紙)を起こす技術者。フィット感やボリューム感、デザイナーのイメージをカタチにする重要な役割を担います。

CADオペレーター

  • 売り上げと在庫の生産バランスをとりながら商品を供給していく仕事。ファッションセンスだけでなく計数管理能力が要求されます。

マーチャンダイザー

  • 売り上げと在庫の生産バランスをとりながら商品を供給していく仕事。
    ファッションセンスだけでなく計数管理能力が要求されます。

※ここに取り上げたものは目標とする職種の一部であり、また主な名称を用いて説明も標準的な内容です。
各企業により、同じ名称でも職務内容が異なったり分業化されています。

その他の職種
コスチュームデザイナー/ファッションプランナー/ソーイングマネージャー/プロダクトマネージャー/モデリスト など

取得目標資格

パターンメーキング技術検定 日本ファッション教育振興協会主催

  • アパレル業界で活躍するパタンナーに要求されるパターンメーキングの専門技術の能力を、試験により評価・認定するものです。3級から1級まであり、3級は毎年1回6月に筆記、9月に実技試験が実施され、筆記試験に合格しないと実技試験を受けることができません。また、さらに高度な能力を必要とする1級は年2回8月と9月に実技試験が行われます。

ファッション色彩能力検定 日本ファッション教育振興協会主催

  • ファッション、デザインなどに関連する仕事をする上で必要な色彩に関する幅広い知識と応用力を証明する就職にも有利な検定試験です。3級から1級まであり、毎年7月と1月に実施され、本校はその団体受験の指定校になっています。

洋裁技術検定 日本ファッション教育振興協会主催

  • 毎年1月に全国一斉に初級・中級・上級の3段階に分かれて行われる検定試験んです。服飾専門学校で身に付けた知識や技術を、同一試験問題を用いることによって、審査・証明するものです。本校のような服飾専門学校で学んでいる学生には実技免除の特典があります。

その他の資格
ファッションビジネス能力検定/ファッション販売能力検定/専修学校准教員資格認定「服飾」/専門士 など

ページの先頭へ戻る